日焼け止めは肌荒れの原因になる?化粧下地とどっちがいいかやクレンジングの方法など

更新日:

 

 

美容が気になる女子としては、気になるのが日焼けですよね。

 

日焼け止め肌荒れ

 

肌をきれいに保つためにも、紫外線はしっかり防ぎたいものですが・・・

そうなるとあれ?日焼け止めで肌荒れってしないの?と。

 

 

肌を守りたい→日焼けしたくない→日焼け止め塗ろう!

という流れは自然な気もするのですが、実際に日焼け止めによる肌荒れとか

負担を考えると肌にいいわけない気もする・・・よね

 

このメビウスの輪にひっかかってあなたもここに辿り着いてくれたのでしょう、ということで!

その辺しっかり調べてみましたよ~!

 

 

スポンサードリンク

日焼け止めって肌に負担?肌荒れの原因になる?

 

肌荒れはなるべく避けたいものですが、考えれば考えるほど

化粧だけで済ますほうがいいのか、

日焼け止めもしっかり使ったほうがいいのか気になるところ。

 

 

化粧でもそうですが、

どちらかと言うと「日焼け止めそのもの」というよりも

クレンジングがしっかりできていなかったり、

逆にしっかり落とそうと擦りすぎたり、

日焼け止めを落とすためにしっかりクレンジングできたのに

その後の保湿をしてなくて乾燥が原因でニキビができたり。

 

 

意外とそういう肌荒れが多いみたいですよ~

 

 

もちろん肌が弱いとか敏感肌だって人は

日焼け止め自体の質を選んでいかないとダメかとは思いますが、

私みたいに別に肌弱いってわけじゃないけど

なんか日焼け止めで肌荒れする気がする・・・

っていう場合はもしかしたらそのもの以外に

肌荒れの原因があるかもしれません!

 

日焼け止めと化粧下地は両方使いかどっちかでいいのか

 

日焼け止めって化粧の時、

どのタイミングでつけるのが正解なのか迷ったことありません?

 

なんか直接触れると肌への負担大きそうに感じちゃって・・・笑

 

化粧下地と日焼け止めは併用するものなの?

 

こないだ薬局行っていろいろ日焼け止め見てみたんですけど、

ほとんどの日焼け止めが裏に

【化粧下地として使用できます】

って書いてあるんですよ!

 

 

ということは、洗顔後普通に化粧水とか乳液で整えた後、

日焼け止めをいつもの下地に置き換えてオッケーってことですよね^^

 

逆に、下地に日焼け止め効果があるものも

春先位から発売されるので、それを使ってもオッケーです!

 

 

よっぽど外でスポーツやレジャーをするわけでなければ、

(例えば通勤や近場での買い物など)

そこまで強い日焼け止めでなくても大丈夫ですので、

 

化粧下地などの日焼け止めの効果を見てもらって

SPF30くらいのPA++であれば全く問題ありませんよ~!

 

 

というわけで、日焼け止めと下地は普段使いであれば

どちらも!と併用しなくてもどちらか1つで大丈夫そうです♪

 

日焼け止めを下地にするとなんか化粧がくずれそう

 

そもそも化粧下地って、

スポンサードリンク

肌を滑らかに見せる土台であり、

肌とファンデーションとをしっかりと密着させるもの。

 

やっぱり日焼け止めで下地効果よりは、

下地で日焼け止め効果のほうが

仕上がりはきれいに行くような気がします。

 

 

美容部員として都会でバリバリ働く友人に聞いたところ、

日焼け止めを下地にすると油分の多さで

ファンデーションが滑りやすくなる場合もあるとのこと。

 

 

そういう場合は朝乳液は付けずに化粧水だけで仕上げたり、

少し時間を開けながら化粧をしたりするといいらしいですよ♪

 

日焼け止めを塗ってる場合の化粧直しについても書いてます^^

肌荒れしないための日焼け止めの化粧落とし方法

 

冒頭部分でも少しお話しましたが、

日焼け止めを使って肌荒れする場合って、

意外と日焼け止めの成分に荒れるよりも

クレンジングの問題でニキビや乾燥が起こることがあるってことで・・・

 

 

そういう観点から言っても、

普段使いには落としやすいタイプの日焼け止めを使うと良さそうですね。

 

 

ブランド物の強い日焼け止めなんかでは、

専用のクレンジングが出てるくらいの強力なものもあるみたいです。

 

 

市販のドラッグストアや量販店で買えるような日焼け止めでは、

ちゃんとその日焼け止めはどうやって落ちるかっていうのを記載してるはずです。

 

 

お湯で落ちるタイプ、洗顔で落ちるタイプ、クレンジング必要タイプなどなど。

 

お湯で落ちるタイプでも残った日焼け止めで肌荒れすることも考えられるので、

優しく洗顔は必須だと私は解釈してますけどね><

 

 

大体日焼け止めを顔に塗る場合って

その上に化粧もしてるはずなので、

それを考えるとお湯や洗顔で落ちるタイプの日焼け止めで、

化粧を落とす時に一緒に日焼け止めも落とす、という流れで問題ないようです。

 

ちなみに古い日焼け止めを使うことで

肌トラブルが起きることもあるようなので

そのあたりの

去年の日焼け止めは使って平気なのか問題についても調べてますよう

 

日焼け止めって塗る時は鬼の形相で、

絶対に焼かない絶対に焼かない絶対にやかない・・・

と念仏のように唱えながら念入りに塗るんだけど、

意外と落とすときってササッと済ませてしまいがちで(´・ω・`)

 

 

小鼻の周りやアゴ周辺のフェイスラインは、

残った日焼け止めや洗顔でニキビができやすいところなので、

丁寧にクレンジングしたいですよね~

 

 

私は日焼け止めは変えてないけどクレンジングをクリームタイプにして、

丁寧に優しく落とすようにしたらニキビがなくなりましたw

 

というわげで日焼け止めで肌荒れしてたのではなく、

日焼け止めや化粧をちゃんと落とせてなかったってことだね!!

 

 

日焼け止めはちゃんと選べば肌に優しく使えるよ

 

最近のコスメでは、かなり多くのものが

日焼け防止効果を謳っていなくても

ちゃんと配合されてる場合が多いので、

肌荒れが心配なら弱めでもいいので

肌に優しい日焼け止めを下地にしてあげると安心かもしれません!

 

 

あとは私は化粧落としのメーカーや、

自分の化粧の落とし方を見直すのも効果的だとわかりましたしね^^

 

というわけで肌と相談しながら紫外線を防いで、

美肌な将来を守りましょうぞ~(・∀・)!

スポンサードリンク

-
-, ,

Copyright© かもめスカーレット , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.