イベント 季節 料理

七草粥を子供や旦那さんとおいしく食べるためのおすすめおかず

投稿日:

 

毎年1月7日、七草粥食べていますか~^^?

 

単なる習わしとしてだけではなく、胃を休めたり調子を整える効果もある七草粥ですが、子供や男性からすると「ボリュームが少ない」ごはんに感じられてしまいがちなんですよね。

 

あんまり食べてもらえずに残ると自分が何日も食べる事になってしまったり!

そんな時は、おかゆが進むおかずを作ってもりもり食べてもらってはどうでしょうか^^

 

スポンサードリンク

七草粥と一緒に出したい時のオススメおかず

 

胃を休める効果がある七草粥も、味気ないのか子供も旦那さんもテンション低め・・・

 

もともと朝粥として朝食べられていたものですが、現代では夜ご飯に七草粥を食べる人も多いよう。そうするとやっぱり、ちょっとボリュームも欲しいですよね。

 

なので、おかずと組み合わせることでおいしくぺろっと食べてもらえるようにしてみてはいかがでしょう^^

 

七草粥に合うのはやっぱりお漬物系

 

うちでは毎年七草粥の日は「お漬物バイキング」が同時開催されます♪

 

きゅうりのお漬物、梅干し、柴漬け、たまり漬けなどなど・・・たくさんのお漬物をテーブルにだすだけ。それだけで朝からペロッと七草粥をいただけます。

 

薄味の七草粥ですから、食感も味もアクセントのあるお漬物を選べばおいしさも倍増ですね^^

例えば白菜の浅漬けよりはキュウリのキューちゃんの方がごはんには合うなど、おかゆのパートナーになるお漬物をずらっと並べるだけでおいしく食べれちゃいます♪

 

夜ご飯に出すならボリュームおかずと七草粥を

 

夜ご飯に食べるなら、焼き魚や煮豚などのしっかりした味のボリューム系おかずがおすすめ。

焼き魚では塩じゃけやさんまのかば焼きなどいろいろバリエーションがありますね♪

 

煮豚はタレの味とマッチして、どことなく中華粥風に。和だと箸の進まないこどもでも、これなら最後までおいしく食べて大満足になれます^^

スポンサードリンク

 

point

焼き魚を出す際は、スーパーで骨のないものも売っているので子供はそちらの方が食べやすくていいかもしれません。塩じゃけも鮭フレークにすると子供も食べやすかったり!

 

手作りの食べるたれで七草粥をおいしくトッピング

七草粥にトッピングできて、簡単でひと味プラスできるのでオススメなのが手作りのタレ。

タレと言ってもしゃばしゃばなものではなく、やや固形のものです^^
青唐味噌や、くるみ味噌などと言えば想像しやすいかもしれませんね♪

 

私が良く作る手作りタレは、塩昆布を使ったもの!


塩昆布とショウガを細かく刻みごま油を適量混ぜるだけ
の簡単なものですが、これがめちゃウマなんです♪梅をたたいて混ぜても、ねぎを刻んで混ぜてもOKのアレンジ自在の万能タレで、材料も家に余りがちなものなので消費にももってこいです。

材料が足りなければ100円ショップでも手に入りますしね^^

 

七草粥をおいしく食べるまとめ

 

もともと七草粥は平安時代に生まれたと言われる歴史ある風習で、今のように一般的に定着したのは江戸時代だと言われています。

 

お正月で疲れた胃にはもってこいですが、そうでなくとも昔からの古き良き行事食として残しておきたい伝統のひとつです。

 

子供や旦那さんも食べられるおかずと一緒なら、昔の人に思いを馳せつつ良い伝統を体験することができますよね^^

子供の頃はわからなくても、大人になると思い返してその行事の大切さや経験した思い出が身に染みるものです。

どうせならおいしく楽しく昔からの習慣を経験したいものですね^^

 

七草粥をおいしく

スポンサードリンク

-イベント, 季節, 料理

Copyright© かもめスカーレット , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.