病気

エアコンを付けて寝ると体がだるくなるのはなぜ?暑くて寝苦しい夜に快適に寝るための対策は

投稿日:

 

ジメジメ暑い夜は

なかなか寝付けなかったり

寝てもなんだか寝苦しくて

夜中に起きてしまったり・・・

 

 

かといって。

 

 

快適に寝付けるからとエアコンを付けて寝ると

次の日の朝信じられないくらい体がダルい!

 

 

一体どうしたら快適に夏の夜を過ごせるのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

夜寝る時エアコンつけっぱなしにすると体がだるい!

 

 

クーラーをかけっぱなしで寝ると

寝付きもすんなり天国気分ですし

 

なんといっても冷えた空気の中

お布団に丸まる贅沢感たるや

もう最高の瞬間だと思いませんか?

 

 

でもクーラーを付けたままにすると

翌朝が超だるいんですよね・・・

 

 

どうして冷房をかけっぱなしで寝ると体がだるくなるの?

 

 

そもそも、なぜ冷房をかけて眠ると

起きた時にだるさが気になるのでしょうか?

 

 

 

それは、冷房によって体が必要以上に冷え

一晩中体温を調節し続けることで

体が休まらないから。

 

 

 

普段私たちの体は、

起きている間体温の調節を繰り返しています

 

 

真夏の暑い日、

30℃の屋外でも

そこからクーラーの効いた室内に入っても

スポンサードリンク

そこまで体温は変わりませんよね。

 

 

体が汗をかいたりと調整してくれているからです。

 

 

 

その代わり、

夜就寝している最中に

熱を放出して体温は下がります。

 

 

そうやって体の機能を休めているのですね。

 

 

 

そんな時にクーラーがつけっぱなしだと

下った体温が更に低くなってしまいます。

 

 

それはまずいと体は体温をあげようとして・・・

体の機能を休める間も無く

朝が来てしまい・・・そうしたら

もちろん体は疲れていますよね。

 

 

夏に暑くて寝苦しい・寝付きが悪い時の対策は?

 

 

 

エアコンをつけっぱなしにすると

どうして体がだるくなるのか

⇒必要以上に体温が下って体が休まらないから

ということがわかると。

 

 

 

原因はクーラーそのものではないってことが

わかってきますよね^^

 

 

 

エアコンそのものよりも

温度が下がりすぎることで

疲れがとれないわけです。

 

 

 

だから、クーラーをつけたままでも

温度や風向きにさえ気をつけてあげれば

快適なまま夜を越すことができますよ♪

 

 

 

一般的に、夜寝るのに適している温度湿度は

28℃程度、湿度は50%くらいだと言われています。

 

 

なのでクーラーでそれに近づけてあげられるといいですよね!

 

夏場は湿度を下げようと

ドライや除湿モードをかけがちですが

ドライでもかなり室温は下ってしまいますので

できれば冷房の28℃くらいにして

風は直接当たらないようにするといいですよ~

 

 

28℃の設定では寝入り時には

少し暑く感じるかもしれません。

 

 

 

そんな時には扇風機をタイマーにして

首振りモードなどで1~2時間かけておくと

風が当たって心地よく寝れますよ~!

スポンサードリンク

-病気
-, ,

Copyright© かもめスカーレット , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.